| コメント(0) | トラックバック(0)

末涼子のラジオは、彼女のふつーの女の子である
パーソナリティーが伝わって好きだった管理人です。

自然な存在感が好きだったんですけどね。

 

広末涼子の結婚は、なんとなく不自然な感じがしたし
(彼女の笑顔って印象に残っていない。。。)

離婚の話しも、噂話レベルでは、過去にも何度か
週刊誌で取り上げられていた話題なので、
それほどの驚きは無いですね。

今後、スクリーンやテレビでの露出が
増えていくことが予想されます。

「男好きする顔、女好きしない顔」

の代名詞だった、広末涼子さん。

でも、管理人の彼女は、好感をもっていたそうです。

27歳となった今では、僅かな幼さを残しつつ、
同時に大人の女性の香りを漂わせる
見事な女優に成長しましたね。

彼女のある側面を語る術として、
"妖艶"という単語を加えても良いかもしれません。



広末さんは平成15年12月、
モデルでファッションデザイナーの岡沢高宏さんと結婚。
翌年4月には男児を出産していました。






広末涼子が離婚 公式ホームページで発表
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080313-00000951-san-ent

| コメント(0) | トラックバック(0)

中田翔選手

最近スポーツニュースで話題にことかかないこの名前。

この日本ハムの大物ルーキーへの
賛否両論が入り乱れている今の状況は、
彼自身とは関係なく、
マスコミの煽り方が最大の要因でしょう。

中田翔選手は、高校野球時代から
"超高校級"といわれていました。


一般高校球児のレベルは超えているのは確かですが、
プロとして即戦力かといえば、そうではないのでは?

清原以上

松井以上

そんな名前に酔いしれて煽ったのは
メディアの勝手。

この"超高校級"を"超プロ級"に
履き違えた報道が多いんですね。

意図的なら悪質な新人潰しだし、
本気なら無能な記者です。


日本ハムの梨田監督は13日、
千葉県内で行った教育リーグの湘南戦を視察、
試合後に高卒ルーキー・中田の開幕2軍スタートを
明らかにしました。

12日夜には本人に伝えていたとの事。

梨田監督によれば

「大きく育てたい。将来4番に座れるように、
まず2軍で力をつけてほしい」

とのこと。


本当、当たり前のことなんですけどね。

監督が、実力どおりの配置で試合に備えるのは。

彼の今の成績では1軍は不可能だし、
直前まで本人に期待を持たせるのも良くない。

中田選手が、野球選手として己の能力を勘違いして
野球人生を台無しにする可能性だってあった訳ですから、
2軍スタートは最良の選択肢だとおもいます。

例え成績が良くても、
フィジカル作りの為に2軍スタートでも
良かったかもしれないですしね。


さ、数年後に球界を背負う男の成長を
静かに見守りましょう。


<日本ハム>中田翔、開幕2軍 監督「守備も代走もダメ」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080313-00000076-mai-base

カテゴリ

月別アーカイブ

このサイトを購読する